この季節がやってきた。

f0188896_12301875.jpg


屋久島は12月から3月上旬までがオフシーズン。
移住者が経営しているお店もチラホラ閉まり、ガイドさんたちも島から出る人も多く、島全体がお休みモードになります。12月はなんだか別れの季節です。

私もそれにあやかって、、というよりは、長年かけて冬は旅に行くサイクルにしたところもあり、島のオンオフと自分のオンオフを重ねて生活パターンにあてはめています。毎年なんとかクリアしている感じです。
横浜と移住した屋久島、通いつづけてるタイのチェンマイ この3カ所をトライアングルのように移動しているのがここ10年の私。
まだまだ行きたい国も見てみたい景色もあるのに、旅といっても実際はこのトライアングルが年々強固になっていていて、これでは単なる移動です。自由なはずなのに意外と自分で決まりを作って枠から出れてないのかな と最近思ったりしてます。

明日で年内の営業はおしまいです。そろそろ帰り仕度しなくては。
いつもは見送られる側なのですが、今年は少しだけ長居したのでお見送りも少しだけ体験。
島に在住の友たちは、いつもこうして見送る側の寂しい気分を味わっていたんだなあ。
島に暮らていると別れと再会をいつも繰り返しています。

[PR]
# by kana-trip | 2015-12-19 12:54 | 屋久島の暮らし | Comments(0)

f0188896_172111.jpg


マスク、少しだけ作りました。
今年はおしゃべりなお友達用に立体的なのを作ろうと、布だけは用意したのですが、作るまで時間も気持ちも足りなかった。
お友達には今年もおしゃべり控えめ、静かな冬を過ごしていただこうかとおもいます。

ちょっぴりマスクは、サイズも小さめ「口だけマスク」
 タテ8cm×ヨコ11cm です。
女性かお子様用です。数も少ないので400yenで。

私は施術中も普段もマスクをすることが多いのですが、気づくと無意識に下げて口だけにしています。
「口だけマスク」喉の乾燥を防いでくれるのでおすすめです。
さっそく売れて 写真の水玉のは無くなりましたが、ほかにも違う柄がございます。

そして今年のrung rung naam は12月20日までを予定しています。
+ healing tripセッションの方はご予約で22日まで承ります。

セッション中だったり所用で お店を閉めてることも多いのでご来店の際はご連絡いただいてからのほうが確実です。面倒なお店ですみません。
090 3510 5548
rungrungnaam@gmail.com まで

なんとかできたHPに滞在スケジュールのせてますので、そちらで屋久島と書いてある日はお店もあけています。
rung rung naam + healing trip
タイパンツが上手く撮れずまだアップできないネットショップ
rung rung naam onlineshop
へんてこちゃんと、月袋がちょっとづつ減ってます。この季節は月袋のありがたい感想が聞こえてきて嬉しいです。

25日から1月9日まではタイミングがあえば関東で出張セッションも承ります。よろしかったらご連絡ください。

昨日は、友人の畑の焼酎芋の芋掘りのお手伝い。体つかってみんなで作業、楽しかったし
すごく天気が良い日だったので目に入る景色全てが美しく綺麗な1日でした。
そしてその夜のお客様は、焼酎芋農家の娘さんでした。なんの偶然でしょうか、これ。

f0188896_17203356.jpg

[PR]
# by kana-trip | 2015-12-10 17:28 | rung rung naam | Comments(0)

こんなお店なのでした。

f0188896_19423425.jpg


12月中旬からは長期休暇にはいる rung rung naam+healing trip。

今年はほとんど横浜に滞在していて、準備だけで終わってしまい、秋から試行錯誤してたら、冬がきてしまった。

そういえばお店の紹介、外観を載せてなかったなと今更ながら気がついて、写真をとってみました。
慣れちゃって、気づかないようにしてましたが、改めてこの店はあり得たのだろうか、、と写真をみて笑ってしまいました。

毎回出会いのあったスペースでお店をやってますが、今年は特にすごかった。
プランが2転3転してしまい、お店自体やれなくなりそうでした。
ただご縁があるところは、何かあるはずと思い、内装もやってる途中だったのでここの土地、建物が少しでもきれいになれば気持ちいいかなと思って、お店にしてみたというのもあります。

まだまだ問題点は多々あり、1階部分が閉まってるので、外からみるとお店がやってる感じが全くしません。ってこれは大問題でした。
色々飾り付けしてみましたが、写真でみるとうーん、こんな感じだったのか。
アパートの一室が古着屋とか、昔の下北とかだったらこんな店あったなーと懐かしくもなりましたが、島だと違うテイストを感じます。

2階部分にお店があるのですが、階段がこれまた昭和すぎて、大人も子供もまず階段の急さと幅の狭さにおののきます。友達はもう慣れちゃいましたが、お客さんにはなかなか入りにくいハードルの高いお店でした。よく勇気を出して入ってきてくれました、ほんとにありがとうございました。

私はなんかもういろんな感覚が麻痺してしまって、出てきたものを受け入れるという境地にいてそのへん無感覚なのですが、ヒーリングサロンとしては県道沿いなのに隠れ家感が素敵なのですが、タイパン屋としては隠れ家感が若干緊張感あるという、来シーズンに向けてたくさんの課題を残してくれた今年の屋久島 rung rung naam +healing tripでした。

あと少しあけてます。
HP もできました  ← こちらをクリックしてください
f0188896_20104989.jpg

[PR]
# by kana-trip | 2015-11-29 20:19 | rung rung naam | Comments(0)

f0188896_15562773.jpg


人は天気と全く同じで、自然の一部だなーって痛感するのが、どちらかというと体調が悪いとき。
または気分が落ち込んでるときです。

今回は体調が悪くてそう思ってます。
先週の体調がよかったときの爽快感とは真逆の不快感満載で、思考もネガティブになりやすい。
自然と同じで人は一定ではいられない、
それを理解して受け入れる、また待ってれば晴れるとわかっている。
それも自分が年を重ねた経験からの実感、年をとるってそういうことか。

暮らしぶりに年齢を重ねた重みがないので、実感はないのですが、確実にわたしはいい大人でした。
島では自分より若い子たちと関わってるので、自分も若者気分ですが、あ、違った、、、
体調崩すとわかります、だから養生するようになったのだった。

今年2回目の風邪はのどと胃腸にきています。足温器で足をあたため、ゆたんぽでお腹をあたためホットパッドで肩、胸腺をあたため、梅醤番茶を飲んで。
パソコンしてるのが一番良くないような気もしますが、やっぱり完璧はできないなというのも、自分と長年つきあった結果の痛感です。

HPを作ってみてます。
自分で作ってみるのははじめてで、まずメニューとか内容を書くのだけでも、ものすごくゆれました。
説明がどうしても抽象的になってしまうのは、もはや仕方がなく、自分の言葉で説明しようとするとどうしてもそうなってしまう。カラダとココロはリンクしてるんだよというのが、そもそもの思いなので、テクニックや技術のことでなくどうしてもそこを表現したいようなのです。値段は自分では決められず今回は相談して決めました。
ここまででも、だいぶ時間がかかってますが、さらに写真もゆれまくりました。
島でカメラマンの女の子と出会って、彼女がとっても気さくだったからやっと施術している写真をとってもらう気になりました。

表に向かって自分を表現するって苦手な私には高いハードルです。自営って自分を表現することなのかというのが、内向的なわたしにとっては、ものすごい自己啓発でした、この作業。
特に写真は子供のときから苦手で、自分の写真みれないのですが、こういうコンプレックスっていつかなくなるのでしょうか。

そもそもわたしの周りにいたセラピストたちはシャイな人ばかりだったし(セラピストは内向的な人が多いと思ってました、タイマッサージ合宿にいくまでは)、雑貨屋の友人たちもモノはいいけど、本人はぜーったいにひっそりしていたい、つまりわたしはそんな世界の住人なのですが、
これで、何かをクリアした気分ではあります。
これからシーズンオフで長期休暇に入るときに完成するのもほんとに私らしい。

今はカラダとココロがずれちゃってるみたいなので、ひたすら養生して体調が晴れるのをじっと待ちます、それまでセッションもお休みです。

HP よかったらみてみてください、まだ色々おかしいようなのですが、体調とともに改善されていきますように。
rung rung naam + healing trip

f0188896_1065486.jpg

                      この日は雨が降ってるのに空が晴れていたっけ。
[PR]
# by kana-trip | 2015-11-26 16:40 | + healing trip | Comments(0)

美しい日

f0188896_14254991.jpg



今日はいったい何の日だろう?
起きたら、久しぶりに晴れてる感じがして(部屋が暗いから分かりにくい) 窓を開けたらこの景色。
昨日に続いて2日続けてダブルレインボー。自分の部屋からこれが見れるとは思わなかった。

お店の開店前に買い物へ。なぜだかこのドライブもすごく気持ちが良い。景色と自分の相性がいいというのか、一体感がすごかった。
なんてことのないいつもの景色がすごくよかった。

そして大好きな大好きな、沢山の花びらが散った光景、久しぶりに遭遇した。なんで私こんなに好きなんだろう。ここの場所は確か3年前にも、はっとして車を止めて写真をたくさん撮ったところ。

f0188896_14285092.jpg

帰ってきて、やっと食事。すっかりお昼が過ぎてしまった。
昨日で7号食の10日間が終わって、今日から回復食。久しぶりのお味噌汁。甘く感じる。昆布も食べようと思ったけど、まだ固いものを欲してないみたいでやめた。玄米は毎日しっかり食べてたから空腹感はなかったので、沢山食べようという気持ちもなく、すごく穏やか。

景色がクリアに見えたり、なんというのか至福感を味わったのも、7号食の効果が大きいのだと思います。内臓を休める行為のようで、ほんとにカラダとアタマ 私を丸ごと休めてくれて、リニューアルしたような感じ。お味噌汁の美味しさもだけれど、目に移る景色の新鮮さがすごく気持ちよくて、内面の気付きもちょこちょこあって、これまた来年やってしまいそうな気がします。
なかなか ヴィパサナにはいけないので、私にとってはこの10日間が1年に1度の自分を休めて見つめ直す時間なのかなと思いました。

f0188896_1429138.jpg


回復食中なので、まだ刺激物はとれませんが、買い物にいってさっそく買ったのは、オーガニックワイン2本と芋焼酎。自分の、嗜好もやっぱりね、よく再認識しました。

[PR]
# by kana-trip | 2015-11-15 14:13 | 屋久島の暮らし | Comments(0)

森へ 森で

f0188896_11574392.jpg

久しぶりに森へいってきました。

7号食という玄米だけを食べる10日間を過ごしていて、昨日で8日目。
アシュラムのように篭っているわけではなく、友達にも会うし仕事もするし普通に日常生活を送っていますが、食に特別意識を向けてるこの期間はいつも以上に自分の内側に意識が向いていて、いつもの日常とは考えること感じることが違うような気がしています。

体力は落ちてないようです。
お酒も飲まず、友達との食事も眺めてるだけなので、夜が暇すぎてグランドで初のジョギングとか試してみてます。
ただ眠気はすごくて、好転反応として体内に溜まっていた老廃物が血液中に流れ出すことで眠気を誘う、、
という記事を読み、まさにこのことかと素直に眠気に身をまかせようと思いましたが、
そこで休ませないで毎日歩くこと、と書いてあります。頭は働かないから何もやる気にはなりませんが、カラダは動かそうかと、久しぶりに山へ向かいました。

昨日は大雨、でも島らしく降ったり止んだり。
長距離の登山はやめて、お散歩程度に歩いてきました。

誰もいない森の中、気持ちいい森へはいったのに私は水を求めていて、川をゴールに設定。
ずっと、川で水音をきいてました。海、川、温泉。私はとにかく水に浸るのが好きらしい。

友人が森は癒しで海は浄化といってましたが、私には癒しよりも、浄化が必要だったのかというのが森へ入った昨日の気づき。


現在やってる7号食も、体内の大掃除のようなものだし、万能酵母液というこちらも腸内環境を整えるドリンクを毎日飲んでいて、自然と私は今までの毒出しに向かっているようなのです。
確かに、小さいころからかなりの偏食で、きちんと栄養を摂取できなかったカラダだったので、こうして様々な方法でカラダと向き合ったり、カラダに触れる仕事をしてるのも必然だったのかなと。無意識でやってるようで、カラダからの要求に自分が従ってるだけだったのかな、そんなことを森の中で思ってました。

カラダを徹底的に休めると、アタマのほうもだんだんシンプルになってくるのがわかります。
でもこちらはまだまだたっぷり溜まっていて、まだまだ浄化しがいのあるパーツです。


f0188896_12323221.jpg

[PR]
# by kana-trip | 2015-11-13 12:44 | 屋久島の暮らし | Comments(0)

あっためること

f0188896_18523320.jpg


ホットパッドでカラダをあっためながら私はボディワークをするのですが、なんとなく億劫でやってなかったハーブボール、やっと手を出してみました。
やってみたら、なんでもっと早く作らなかったのかなと後悔するぐらいよもぎハーブボール気持ちよいものでした。

きっかけはお友達の出産祝いに、産後ケアをしようかなと思ってなのですが、季節もちょっと肌寒くなってきたので、ちょうど良いタイミングでした。

島に暮らしてるとなかなか欲しいものはすぐ手に入りませんが、こういうものはすぐ手に入る。
どちらが豊かな生活か、、どこにいても豊かな生活は自分次第なのでしょう。

秋のよもぎは薬効成分が高いということで、友人の畑に新鮮なよもぎをつみにゆき(もちろん友人はよもぎを育てている訳ではありません)がじゅつ(紫うこん)を引っこ抜き、月桃の葉っぱをスライスし、まだまだ島に効果ありそうな植物はありますが、私が朝集めることができるのはこのくらい。
f0188896_18425672.jpg

さらしでまいて、お手製ハーブボール。
スチーマーで蒸して、産後のカラダにポクポクあてる。
ママさん少しはリラックスできてると嬉しいです。

ママさんにハーブボールを当てながら、熱さを図ろうと自分にも当ててみたら、ほんとにこれ気持ちがいい。
気持ちの良いことは億劫がらずにどんどんやろうというのが、今日の気付き、そして自分にも優しくお手当てしてあげようというのもちょっとした気付きでした。

f0188896_18431518.jpg

[PR]
# by kana-trip | 2015-11-10 18:50 | + healing trip | Comments(0)

どのみちゆったり。

紐でしばるタイパンをリメイクして ゴムパンにしてもらいました。
友人がもってるのをみたらかわいかったので、私も頼んでみました。

f0188896_1428142.jpg


タイパンだとこうですが

f0188896_14284927.jpg


リメイクするとこうなります、私にはできない発想です。
タイパンの雰囲気そのままだし、むしろフレアパンツっぽくなって、これはお気に入りになりそうです。
もともとが大きいのでゴムにしても、ゆったりしたリラックス感は変わらず、それもいい味だしてます。

腰に紐でしばるというところに、タイパンツの最大の特徴があるのですが、そうはいっても慣れない人には紐で縛るのは面倒だったり、トイレもやはり面倒だったりするようなのです。
そんな声に素早く対応してくれた、志戸子にあるカフェ「kiina」さん。カフェなのに、店主はなんでもできてしまう。
大工仕事もおいしいケーキもアクセサリーも裁縫も同じ手から生まれます、いいなあの手。
kiinaカフェにも置いてありますが、rungrungnaamのタイパンなら持ち込みでも+1500円でやってもらえます。

私が作っているオリジナルパンツまで、今回リメイクしてもらいました。
もはや何のオリジナルなのかわかりませんがお客さまに喜んでもらえたから、それもありなのです。

f0188896_1544615.jpg


rung rung naamショップの ショート丈タイパンツ、だいぶ少なくなってきました。
年内は再入荷の予定がないので、ご興味あればみにきてくださいね。
rung rung naam は12月後半より冬季長期休暇にはいります。仕入れと勉強を兼ねて冬はタイに参ります。

ランド線にある ガラモスタ  
志戸子にある  kiina

こちらにもタイパンツは置いてあります。

前回お知らせした、虹のサロンは売り切れました。再入荷お問い合わせを何件かいただいています。ただいま作家さんに相談中です・

rung rung naam               11時から19時 不定休
+healing trip body work       前日までのご予約で10時〜20時スタート
            当日はルンルンナームの営業時間内の受付です。

屋久島 安房 できたて屋となりの2階です。

お問い合わせ  090 3510 5548
rungrungnaam@gmail.com

[PR]
# by kana-trip | 2015-11-06 15:06 | rung rung naam | Comments(0)