f0188896_11264061.jpg
マッサージのワークショップを受けに行った先で 滞在した村の一つの光景です。
一見死んでるようにもみえますが、ご飯食べてお腹いっぱい幸せいっぱいでお昼寝中です。
このワークショップは タイマッサージとオステオパシー(整骨療法)をあわせた手技をフランス人の先生が教えるという、前々から興味はあったのですが、なかなかハードルが高そうで申し込むのに勇気がいったコースでした。
案の定 日本人は私だけ、、かなり緊張気味の私。ピックアップトラックの荷台に乗せられ、開催地へ到着しました。
え?ここ?それからの私はタイのラフ族という山岳民族の村で村人宅にホームスティしながらこんな光景の中でマッサージを習うという、緊張感ゼロ、ウルルンそのままの生活を送ることになります。
竹で出来た高床式の家の軒下には 子豚がみっちり寄り添ってご飯(バナナの幹を細かくして煮たもの)を一心不乱に食べてます。朝は鶏の大合唱で目がさめて、夜は犬の喧嘩で大騒ぎ。
人と豚と犬と鶏の数が同じくらいのその村で、マッサージ以上のことを教えてもらったような、それはそれはゆるい時間が流れていて、幸せについてもちょっと考えさせられた時間でもありました
f0188896_11265490.jpg
[PR]
# by kana-trip | 2008-09-29 23:50 | Comments(0)

f0188896_23223224.jpg
2003年タイ、チェンマイに滞在して 私のタイマッサージの道が始まりました。
その滞在途中からデジタルカメラが登場しました。
ズームもない手の中にスッポリ収まってしまう小さなカメラの、小さな小さなフィルターを通して見る世界が新鮮で面白くて、いつもポケットにいれて夢中になって撮ってました。

その後もタイへ、インドへ、バリへとマッサージの勉強と旅がつながっていきました。

いつも一緒の小さなカメラが、私がマッサージと出会ってからの過ごしてきた時間、見てきた景色の記録、記憶となりました。

ボディワークの紹介と旅の写真で、やわらかい時間を提供できたらなと思ってます。

[PR]
# by kana-trip | 2008-09-25 23:41 | Comments(0)