こんな仕事

南国ならではの、一枚。
おじさん、ハンモックにゴロリしながら一応営業もしているのです。
こんなのも ありなのです。

f0188896_101443.jpg

[PR]
# by kana-trip | 2008-12-19 22:47 | Comments(0)

清潔な市場

f0188896_053935.jpg

自炊をしていたので よく市場に買い物にいきました。
何故だかとっても親切で、いくら?とたずねるとよくタダでくれたりしたのです。

色も鮮やかながら、いつ行っても野菜も果物もきれいに並べられ、働いてる人も誇りをもって商売してるそんな心意気が伝わってくる、お気に入りの場所でした。

[PR]
# by kana-trip | 2008-12-12 00:20 | Comments(0)

自分の目線

f0188896_23142759.jpg

撮ってきた写真をみてると、自分が普段どこを見てるかよくわかります。
どちらもメインではない綺麗な場所ではないすみっこの写真。
外れた場所とかとかすみっこって、意外と素敵なものがかくれてる。

いつも メインではなく 外れてるところとかすみっことか見てるんだなぁって、これって自分の性格にもでてるなぁって、自分の写真から意外なことをお教えてもらいました。
そして意外とすみっこってかわいらしいのです。

f0188896_23213265.jpg

[PR]
# by kana-trip | 2008-12-11 23:23 | Comments(0)

タイのお寺にて。

早朝から熱心にお祈りしていたおばあさんの後姿。
神々しいってこういう光景をいうのではないでしょうか。
お寺に滞在していた間、私も心穏やかになりたかったのですが、まだまだ俗っぽくって心を無にするというよりも、次のご飯はなにかなーなんて意外といくだらない事ばっかり考えて過ごしてました。
それでもこんな光景を目すると、どこか心が洗われるような穏やかな気持ちになり、同じ時間を共有させてくれた何ものかに感謝したくなったりもしていたのでした。
f0188896_15561685.jpg

[PR]
# by kana-trip | 2008-11-17 16:15 | Comments(2)

おじさんと蓮の花

タイのチェンマイはそこそこ街なのですが、少し郊外へいくだけですっかりのどかな田園風景の広がる田舎になります。

そんな郊外の村で開催されたワークショップへ出かけるときの光景。
チェンマイの市場から ソンテウという乗り合いバスで現地へ向かいます。
見落としてしまいそうな小さな村なのですが、村の入り口には停留所のような休憩所のような、ただの小屋のような、、、まぁ停留所にしておきましょうか、、がありましてそこでブザーを鳴らして下車。

出迎えてくれたのは、こんなおじさま。

蓮の花は私も大好きで、お寺とか仏像とか、または美しい女性に似合うと思っていましたが、軽く酔っ払ってるおじさんに意外にもピッタリ。とっても絵になる光景、暑い午後の一コマでした。
f0188896_21143695.jpg

[PR]
# by kana-trip | 2008-10-24 21:17 | Comments(0)

ほっとした日



インドケララ州にあるシバナンダアシュラムに滞在してたときのこと。
ヨガを習うの本当に楽しみにしてやって来たのに、その前からアーユルヴェーダの勉強とトリートメント漬けの毎日で、そのままアシュラム直行。自分で選んだとはいえ何だか修行ばっかり、拘束された時間、空間に飽き飽きしていた頃でした。

もうアシュラムから出ようかと本気で考えていた時、ピクニックに出かける誘いが、、、
ほんとに外に出たかったので、すごい開放感で子供の遠足みたいに楽しかった。
インド最南端カーニャクマリの近くの一つの聖地を山登り。天気のよい日だったので地元の人もピクニック、そしてインドの聖地らしくお決まりの聖人もいたりして。
山の頂上からの眺めも素晴らしく、久しぶりに頭の中まで新鮮な空気が行き届いた気分でした。アシュラムも脱出せずに済んで一安心。
名も無い小さな聖地なので二度と行くことはないでしょうが、、、

f0188896_0571797.jpg

[PR]
# by kana-trip | 2008-10-24 01:07 | Comments(0)

秘密工場?

f0188896_2248877.jpg


移動の途中で寄ったその町は、オフシーズンで観光客もいないし、おいしいレストランも発見できないし、女一人で夜出ることもできず、やることといえばもっぱら昼間の散歩ばかり。

でも歩く速度で町を眺めると、思いがけなく味のある場面に出くわします。

小さな家が密集する 迷路のような路地の片隅にあるお家は なんとたばこ工場。
おじさん 淡々とビリー(インドのまきタバコ)を巻き続けてます。
日本でもおなじみ インドのお香も近くの家の一室で女性3人がやはり黙々と作ってました。
そうか手作りなんだよなぁと妙に印象に残りました。

今まではあまりに安いので何の気なしに使ってたけど、それ以来お香に火を灯す時、そうか手作りなんだよなぁと フッと思い出す時もあります。

f0188896_23271587.jpg

[PR]
# by kana-trip | 2008-10-23 23:16 | Comments(0)

静止した時間

f0188896_1351106.jpg

コンクリート打ちっぱなしの決してきれいとは言えない建物に入り、この光景を目にした瞬間、時が一瞬止まりました。

自然の光の中で、少女は一人でひっそりとバラの造花に色をつけています。

それだけなの事なのに、ハッとして、心を奪われてしまいました。

旅は時々、こんな景色、こんな気持ちを味あわせてくれます。

ここは、南インドの小さな町の養護施設のようなところ。

耳の聞こえない少女が見せてくれた、あまりにも美しい静かな世界に、心の中の何かが共鳴して少し涙ぐみそうになりました。

[PR]
# by kana-trip | 2008-09-30 14:25 | Comments(2)