「ほっ」と。キャンペーン

自分の真ん中

f0188896_1749248.jpg


昨日は友人主催による DJワークショップ。

シーズンオフになってきた島は ガイドさんたちも時間に余裕ができてきて、みんなが集まりやすい時期。
そしてこの島の主な産業が観光業という特性もあって オフシーズン中の12月から3月までは島を出る人も多い。
忘年会のようなお別れ会のような 集まりもこの時期から盛んになってきます。

そんな色々なタイミングで開催できた第一回DJワークショップ

私にはちっぽけだけど自分にとってはとっても壮大な夢があって その夢の手がかりのためにも知りたかったこと。
DJってなにやってるの?どうやって音を操るの?
というど素人な質問に 優しく対応してくれた友人DJ

みんなで最初はドキドキしながら 音をいじってみる。いつも受け身な音という存在に対して自分が参加したというのが素直にすごく楽しかった。触ったのはちょっぴりだけど かなり力が入ってたみたいで帰ったらそのまま寝ちゃったほどやってる最中は夢中になっていた。
 
音の向こう側に立つということが新鮮で新鮮で。
演奏してるわけじゃないけど自分がいじってる音を人前で流すという それだけの行為にすごく緊張して最初はちょっとしたパニック状態 
そんな自分にも久しぶりに会った。
それにまさかこんな歳になってから ここに手を出すとは思ってもみなかった。
若者と一緒になって一生懸命頷いてる自分にもほっこりした。

気になってることって 幾つになっても 結局やることになる。
だから気が付いたときからやった方がいい
というのが 歳を経てきた私の私へのアドバイス。
いくつになっても変わらないところは全く変わらない。

最初友人が 講義をしてくれて それをみんなが取り囲んで熱心に話に聞き入り質問をし、時には笑いながら新しいことを吸収しようと話に引き込まれてキラキラしていく様子 完全に自分もその一人だったのだけど 
これはタイマッサージの道場に通い始めた頃やボディワークのワークショップに参加したときの光景にそっくり。
そんな初心の自分も思い出した。

大人になってからの興味あることの学びって ほんとにおもしろいし、その道を本気で楽しんでる人の話も本気でおもしろい。
音楽の話を聞きながら マッサージ道場が恋しくなる私もおかしいけど 音楽聞きながらも自分の番じゃないときはずーっとマッサージのことが頭に浮かんでた。音楽を聴けば聴くほどマッサージを思い出していた。

オフシーズンになってきて 私の仕事もオフシーズンになってきた。
そろそろ島を出る時期なのだけど まだ気になることがあるようで それがすっきりしないと島から出られない。
昨日音楽に浸ってる間ももっともっとボディワークがしたいなっていういつもながらの自分の本心が心に浮かんでた。ここから目を背けちゃいけないんだなってことにも気づかされた。
タイマッサージと出会ってからの私は ほんとにこれしかなくなってしまったようで 何をやってても意識はそっちにつながってゆく。

タイマッサージに出会う前までは音楽がいっつも頭の中心だったのに。



[PR]
by kana-trip | 2016-11-28 18:34 | 屋久島の暮らし | Comments(0)

all about my mother

f0188896_18115942.jpg
随分前の映画だけど この映画を思い出した。
癖のあるキャラばっかり スペイン人ってこんなユニークな感性なのかと当時驚いた気がするけど 
特にこのタイトルはずっと心に残っていた。

ただいま私のまわりはベビーラッシュ
産前 産後の友人ばかり。

ずっと旅のような定住しない暮らし方をしていた私。
または都心で過ごしていた私。

一番自分から遠い存在だったのが 妊婦さんとかママさんとか子供たちだったかも。
あのまま 仕事=マッサージの事だけに集中していたら今でも自分と似たような世界観の友達と
過ごしていただろうなとたまに思うし想う。
それはそれで 楽しい人生だしみんなユニークな感性がどんどん成長してお互い刺激しあっただろうけど 
たまたま ほんとに たまたま 屋久島にやって来て
帰る帰ると思いながら なんとはや5年。
小さな小さな島なのに 自分の小さな生息エリアがぐんとひろがって常に子供がいるのが
当たり前な日常になった。
どんとした生活というものをみせてもらってるし参加もさせてもらってる。
マッサージの事だけ考えてた時期も通り過ぎて前より自分もリラックスしている気がする。

結婚も子育てもしないまま このままいくはずだと思っていた自分が 
結婚も子育てもしてないけど いつも子供と関わる生活ができるのはほんとにありがたいし元気ももらってる。
温泉もいつも子供たちがいて 一緒に湯船につかってるし、石鹸の貸しあいっこもしたりする。

赤ちゃんをみてると 人は生まれきただけでもう十分な存在なんだというのもよくわかる。
だから何にも悩む事ないんだよー のびのびしてればいいんだよーと赤ちゃんからはそんなメッセージをもらってる。

そしてall about my mother お母さんってほんっとにすごい存在だなと 友人をみててつくづく思う。

そんな友人たちに プレゼントを作ってます。

いつも作っているホットパッドのお母さん仕様
産前産後の女性のカラダを整えるのに温熱療法がよいらしい。
お母さんは 子供のことで自分を休める余裕なんてないから お手軽に温められるホットパッドを。

今回は屋久島バージョン 
友達が今年初めて作った完全無農薬米の米ぬか よもぎと月桃 海の砂に自然塩
タイハーブとは違って和風のほっとする香り
これもまた島暮らししなければ 手にすることのなかったであろう自然の恵みたち
こうして私の暮らしも意識も少しづつ変わっていくのかな。


[PR]
by kana-trip | 2016-11-14 19:49 | Comments(1)

オイルの効能

昨日 滅多にしない揚げ物を作った。

熊毛郡(屋久島と種子島)はただいま さつまいもにあふれている。
持ち寄りパーティもさつまいもを使った料理やスィーツが多い。

鹿児島のさつまいもはとにかく美味しい。
最近種子島産の安納芋を手に入れたので それで揚げ物をしてみたくなった。

というのが 揚げ物をすることにした経緯。

フリマで手に入れたフライヤーに さつまいもを投入。
初めてにしては上出来の おいしいかき揚げができた。

という話ではなく その時にどうやら油が飛んだようで 気づいた時にはほっぺがヒリヒリしていた。

鏡をみてみたら赤くなってて あ、これ火傷? ほっぺに火傷はかなりショック 
顔は皮膚も薄いし 頬骨のてっぺん、いかにもシミになって跡になりそうな所

そのとき思い出したのが 先月作ったターメリックオイル
を漉したあとの濃厚なターメリックペースト。火傷したところに塗布して1日過ごした。

効果抜群 赤みもなくなりシミにもなってなくて 今朝みたらなんの痕跡も残してなかった。

特に屋久島のウコンがいいって友人が言ってたけど ほんとにこれは効果がある。
ターメリックオイルの効能は 肌を健康にする 消毒 殺菌 抗菌  アトピー肌の改善にも向いています。
作り方も簡単なのですが 完成した時に漉す この時にでるペーストが火傷とか傷に効くように思います、というか効きました。これで人にも自信もってすすめられます、マッサージもオイルもなんだって身をもって効果を実感したことが一番説得力がある。

シミにもならなかったし 効果が体験できたし 結果昨日も良い1日だったということかな。
やっと秋晴れ このまま晴天が続いてほしいなあ


f0188896_12524726.jpg

[PR]
by kana-trip | 2016-11-13 12:16 | + healing trip | Comments(0)

何てことないのだけど

f0188896_2230338.jpg

気づけば11月 
なんでこんなに時間が早まってしまったのだろう と思うくらいあっという間に毎日が過ぎてゆく。
けっして 朝から晩まで仕事して 残業して 寝る間が無くて、、、なんていう生活を送っている訳ではないのに。

島の暮らしも結構経って ようやく島暮らしに少しだけ慣れてきた気がする。
自分を取り巻く環境も去年くらいからなんとなく変わってきた。
島の雰囲気も 海外からの観光客が増えてこんな田舎のローカルバスが外国人でいっぱいだったり、個性的なお店が増えて ここのところすごく変わってきたのを感じる。

好きなことがだんだん凝縮されてきて 好きなことだけをできる環境になってきて島の外にいく必要がだんだん無くなっている。

これってほんとにすごいこと。 こんな未来が待っていたなんて過去の私は想像もつかなかったなー。

セッションも老若男女問わず様々な人と関わることになってきてますます自然体に カラダとの対話が楽しめるようになってきた。セッション中にいつも幸せだなーと感じる瞬間があるのはほんとにありがたいこと。

色々あるのが大げさにいうと人生だから こういう時期ってほんとに毎日が愛おしい。大事な大事な充電期だなって思う。

[PR]
by kana-trip | 2016-11-11 22:47 | 屋久島の暮らし | Comments(0)